タグ:お料理 ( 19 ) タグの人気記事

和風ハンバーグ

一時期の気持ち悪さはどこへやら!?
最近はすっかり食欲も回復し、「あれも食べたい、これも食べたい・・・」と
かなりキケンな状態です。
週末は、和風ハンバーグが食べたくなったので、早速ネットでレシピを検索。
こんな一皿が出来上がりました


d0003363_5443489.jpg

最近はハンバーグと言うと、牛挽肉100%が主流だったのだけど、
今回は久々に合い挽き肉。
レシピには「挽肉だけで15分以上は練り続けるべし!」と書いてありましたが、
2人分だし・・・と言うことで12分でギブアップ・・・。
途中、挽肉がかなり粘って、手が筋肉痛になるかと思いましたが、ある時点で
フっと手先が軽くなりました。ここまで頑張って練りまくるのがポイントかも!

そして、ソースは摩り下ろした玉ねぎを調味料で煮詰めたもの。
奮発して、5枚で1.5ユーロの大葉も乗っけてみました。
今まで、和風ハンバーグと言えば、大根おろしを乗っけて、ぽん酢醤油でいただくバージョン
しか作ったことがありませんでしたが、これはヒット!
リピート必至の一品となりました。

[PR]
by yohko_greenleaf | 2008-07-08 05:49 | L Cooking

日曜日のお昼ご飯

d0003363_20484151.jpg

ここ最近、まるで欧州の夏とは思えないようなジメ~っとした日々。
何かさっぱりしたものが食べたいなぁと思って、冷製パスタを作ってみました。
作り方はとっても簡単!
オリーブオイルの中ににんにくのみじん切りを投入して、弱火でじっくり炒め、
香りが出てきたら火を止めて、ざく切りのトマトとバジル、バルサミコ酢、塩コショウを加え
冷凍室に入れて急速冷却。
その間にカッペリーニをやや長めに茹でて、茹で上がったらよく冷まして皿に盛り、
冷やしていたソースをかけたらあっと言う間に出来上がりです。

実は前の日の夜ご飯に、栗原はるみさんのレシピから「バジルのチャーハン」を
作っていたので、余ったバジルを使いきりたくて作ったパスタでしたが、
サッパリしていてなかなかの御味♬
今度はこのカッペリーニで塩焼き蕎麦を作ってみるのが課題です。
こちらの日本食材店でも、日本の焼き蕎麦は手に入るのですが、冷凍されてるので、
麺がボソボソしちゃって、何だか美味しさ半減なんですよね~。
以前、神戸の鉄板焼き屋さんで、もやし、牛肉の切れ端だけのカッペリーニ焼きそばを
出してくれたのがとっても美味しかったので、真似っ子してみるつもりです。

[PR]
by yohko_greenleaf | 2008-06-30 20:57 | L Cooking

夏の思い出味

d0003363_1812970.jpg
今年の7月、エクサンプロバンスのマルシェで買ったドライトマト。8月の終わりくらいにオリーブオイルに漬け込んでいました。いつもよりもちょこっとだけ高価なオリーブオイルを購入。ドライトマトが全部浸るくらいまでたっぷりと瓶に注ぎます。あとはにんにく、ベイリーフと、お好みのドライハーブを少々振って、しばらく置いておくだけ。南仏の太陽の陽射しをギュっと閉じ込めたドライトマトのオリーブオイル浸けの出来上がり♬

d0003363_18161279.jpg

早速なのでパスタにしてみました。
にんにく、鷹の爪(たっぷり!)、アンチョビ、黒オリーブをオリーブオイルで炒めます。オリーブオイルも、ドライトマトを浸けたものを使うと、香りが増してとっても美味しいです。
あとはパスタを絡めて、粉チーズをふったら出来上がり~!
オットが出張でいない時は、こんな簡単な夕ご飯で済ませてしまいます。

この写真は、とある週末のお昼ご飯。
オットは「白ご飯命!」の人なので、我が家では夕飯にパスタ、ってまずありえません。
必然的に、パスタ料理を作る回数が少なくなるので、私はパスタがとっても苦手。
ソースを準備しておいて、お皿もちゃんと温めておかないといけないし、
おまけに麺が茹で上がったところを絶妙のタイミングで完成させる、
と言うのがものすごーくプレッシャーで、キッチンがとっ散らかってしまって
大騒ぎになります・・・。素人だなぁ、ホント。
[PR]
by yohko_greenleaf | 2007-10-02 18:21 | L Cooking

チキンライス

d0003363_1418125.jpg

月曜日のランチにチキンライスを作りました。
月曜日、こちらは祝日ですがオットは出勤。
いつものお昼は、ホントに簡単なものしか作らないんだけど、
たまにはちょっと手をかけてみることに。
って言っても、一手間なのは、トマトジュースをクツクツと煮詰めるくらい。
要はトマトペーストを使えばいいだけなのかもしれないけど、
トマトペーストってそれほど頻繁に使わないので。。。
あとは、バターライスを炊いて、具は最初に炒めておいて、
最後にご飯と具と、トマトペースト&ケチャップを混ぜるだけ。
ご飯にもバター、具にもバター、そして最後に炒める時にも
バターをた~っぷり使うので、結構カロリーは高めなはず・・・。
でも、トマトの酸味のおかげなのか、バターのくどさはないので、
パクパクといただけちゃうお味なのです。
去年の今頃購入した「暮らしの手帖」のレシピを参考にしています。

私は昔から、こういった類の「味付きご飯」がだーいすき!
混ぜご飯、炊き込みご飯や、ドリアとか、ピラフとか・・・。
逆に「白いご飯だけ」って、何だか苦手なんですよね。変でしょうか!?!?
お漬物とか、味付け海苔とか、何でもいいのでご飯に味をプラスして、
一緒に口の中へほうばりたいタイプ。
色々食べ物のことを想像していたら、今度はいなり寿司が食べたくなりました!
今度日本に帰ったときは、母のいなり寿司をマスターしてこなくては。


ちょっと端折ったレシピはこちら
[PR]
by yohko_greenleaf | 2007-04-11 14:29 | L Baking

お祝い

d0003363_4132857.jpg

昨日は父のお誕生日であると同時に、私達の結婚記念日。
早いもので、もう7年も経ってしまいました・・・。
また次の記念日まで、健康で過ごせるように、そしてドイツでの日々を協力して過ごしましょう!
と言う願いを込めて、お祝いディナーをしました。
テーマは「簡単で見栄えがいい」かな!?
乾杯しちゃうと、何度も席を立って、あれこれ作ったり、ウロウロするのが億劫になってしまうので、
バタバタせずに、落ち着いて、でも熱いものは熱いうちに食べられるのが理想なんですが、
何せ手際が良くないもので、なかなか上手くはいきません。。。
d0003363_4171944.jpg

ちょこっと奮発してMoet & Chandonの赤で乾杯♪
と言っても、最近2人ともお酒がすっかり弱くなったもので、ミニボトルです。
グラスは結婚する時に、上司からいただいた大事な記念品。

d0003363_419373.jpg
お料理の一部をご紹介。
こちらはオニオングラタンスープ。
ちょっと玉ねぎの炒め具合が甘かった・・・。
炒め玉ねぎに、ちょこっとビールを加えるのが、味を引き締めるコツだそうです。
チーズをたっぷり乗せて、ボリュームたっぷりの一品になりました。



d0003363_4205169.jpg
こちらも簡単でオススメの豚肉のオーブン焼き。
塩少々、蜂蜜と、ひたひたのリンゴジュースで一晩マリネして、オーブンで焼くだけ!
本当は五香粉をまぶしてから焼くのですが、ちょっとクセが強いので、今回は変わりにハーブミックスの入った塩をまぶしてシンプルに焼いてみました。ジューシーで美味しいですよ~!
粒マスタードをちょこっとつけて。もしくは柚子こしょうでもいいかも。

d0003363_4231290.jpg
今日は珍しく、夕ご飯にパスタが登場!!
このサーモンのパスタも、ソースはレンジでできちゃうので、すっごく簡単。パスタを作りなれない私でも、ジタバタしないで済みました。
今回使ったスモークサーモン、パッケージに「サーモンのカルパッチョ」って書いてあったんですけど、この薄切り具合が、パスタをさっぱりとさせてくれたみたいで大正解でした。
レモンとケイパーが程よくきいて◎。
他には、ブルスケッタやデザートにチーズケーキなど。


シャンパンですっかり気持ちよくなってしまった私は、洗い物も終了しないうちに眠ってしまいましたとさ。
ソファーでうとうと~っとしている(だけのつもりなんだけど、実は爆睡している)ひと時が、シアワセなんですよねー。
[PR]
by yohko_greenleaf | 2007-01-20 04:32 | ★daily life

ハンバーグ

今年の夏ごろに、テレビで再放送していた「ランチの女王」、今更ながら見ています。
ストーリー自体にはどうも今ひとつ、入って行けない感があるものの、
出てくるお料理の一つ一つの美味しそうなこと!!
半熟の目玉焼きが乗ったナポレオンスパゲティーとか、仕上げに美しくパセリを散らしたビシソワーズ、
大きなお肉がゴロンと入ったカレーライス、竹内結子ちゃんが美味しそうに食べるんです、これがまた・・・。
で、ハンバーグがと~っても美味しそうだったので私も食べたくなりまして、早速作りました。
d0003363_20403577.jpg

ここ最近、ハンバーグは表面を焼いたら、すぐにオーブンに投入して、
ソースは後がけ、という方式にしていましたが、食べたくなったのは煮込みハンバーグ。
実家に帰ると必ずリクエストする、母の得意料理でもあります。
母はいっつも目分量でお料理をする人。一方私は今でも計量スプーンが手放せない人・・・。
母の味を思い出しつつ、栗原はるみさんのレシピを参考に、今回作ったソースの分量は
☆ケチャップ      大さじ2
☆ウスターソース   大さじ1
☆料理酒        大さじ1
☆すりおろし玉ねぎ  約小さじ2
☆コンソメキューブ  1/4個
☆ローリエ       1/2枚
☆胡椒          少々

上記の材料を全部混ぜて、一度レンジで軽く温めて、ハンバーグを煮込んだら、
なかなか美味しく出来ました♪
栗原さんのレシピだと、赤ワインが入っていたり、仕上げにバターを入れたりするのですが、
これだと、ちょっとお洒落すぎちゃって、きっとご飯が進む系じゃなくなっちゃうかな?
なんて思って、かなり引き算した味にしましたが、この判断が良かったみたい。
ちなみに、牛肉:豚肉=4:1、これもなかなか良い配合だったようです。

しばらくは、ハンバーグとか、ポテトコロッケとか、いわゆる「洋食屋さんのメニュー」続きに
なりそうな予感です。
ちょっと手はかかるけど、やっぱり美味しいものを食べている時って幸せ~~。
[PR]
by yohko_greenleaf | 2006-11-09 20:49 | L Cooking

お家でPizza

9月の中旬に始まったばかりのドイツ語学校、早くも今週来週は秋休み!
そして今週は珍しく、オットも出張がなく家におりましたので、毎日せっせと「おさんどん」
していました。
もう夏時間の終了間際になりましたので、夜が明けるのが本当に遅くて、そのせいなのか
最近ちっとも早起きが出来ません・・・。
ボーっとした頭のまま、ノロノロと動き出すとあっと言う間にお昼の時間になっちゃって、
オットを送ってから買い物に行ったりすると、あれよあれよと言う間に一日が終わります。
まったく、時間の使い方の下手なことったらないです、反省。。。
そんなわけで、ブログの更新もちょいと怠けてしまいました。

さて、今日は朝から力仕事。ピザ生地を作りました。
最近粉ものなんて、ホームベーカリーでパンを焼くくらいしかしていないので、
手捏ねで生地を作るのはホント~に久しぶり。
ピザ生地は発酵が一回だけなので、捏ねてしまえばあとはラクチン♪
スイッチオンしたTVの上に生地を置いておくと、程よい温かさであっと言う間に生地が膨らみます。

そして、できたピザがこちら!
d0003363_21491386.jpg

うーーむ、なんとも不恰好な代物が出来上がってしまいました・・・。
生地を均等に薄く&丸く伸ばすのって難しい。。。
ピザ屋のお兄さんみたいに、こまを回すようにクルクルっと宙に投げたりしてみたいものです。
トマトソースもお手製で、モッツァレラチーズとバジルを乗せ、上からオリーブオイルを
たらして焼けば出来上がりです。
私の理想はもうちょっと薄いクリスピー生地なんだけど、初めてにしてはなかなかの出来!
手をかけた分、美味しいランチにありつけました~。

生地はたくさん作って冷凍してあるので、次回はもっと見目麗しい真ん丸ピザを作りたいなぁ。
[PR]
by yohko_greenleaf | 2006-10-20 21:54 | L Cooking

ルバーブのジャム

ルバーブ、ここ最近は日本でもだいぶ見かけるようになってきたようですね。
私が初めてルバーブを食べたのは、かれこれもう10年以上も前、学生時代のことです。
渋谷のアンナ・ミラーズにルバーブのタルト、というものがあって、
「ルバーブって何だ!?」と思った私は短いスカートのウェイトレスさんに質問。
「えー・・・何というか・・・甘酸っぱいんですけど~」と言うしどろもどろな回答だったのもかかわらず、
何故か私はそのルバーブのタルトを注文し、得体の知れないものだけど美味しいな、と思ったものでした。

そのルバーブ、ヨーロッパではこの時期どこの八百屋さんでも見かけるお馴染みのものなんですよね。
今日は折角の日曜日ですが、午後からオットがゴルフに出かけてしまったので、
早速キッチンで実験(?)開始です。

d0003363_21164278.jpg
こちらがルバーブ、日本では「大黄」と言うみたいです。
大きなセロリみたいに見えますね。赤い部分が多いので、綺麗な色が出そうだなぁと思って買って見ました。この時点では何の香りもしません。そして、結構硬くて切りずらい・・・。インターネットで色々検索してみると、人によって筋を取るか、取らないかはまちまちのようです。今回私は気になるところだけ、ざっと筋を剥いて見ました。

ルバーブを適当な大きさにザクザクと刻んで、ここからがポイント!
ルバーブを冷水に放ち、一つまみのベイキングソーダを入れます。そうすることによって、ルバーブのあくが取り除かれます。しばらく置いておくと、水が黒っぽくなりますので、笊に開けてください。このアイデアは、こちらの本を参考にしてみました。


後はジャム用のお砂糖と、レモン汁を加えてぐつぐつと煮ていくだけ。いがらしろみさんがいつもおっしゃる用に、火加減強めで強気に攻めてみました!
あんなに固かったルバーブの繊維が、あっという間に崩れていくので面白い!下処理をしてあるので、あくはほとんど出てきませんが、必要に応じて丁寧に取り除きます。


約8分ほど煮詰めたところで、ジャムの色がツヤツヤになってきたので、もういいかなぁ~ということで出来上がり。あっという間です!!爽やかなピンク色のジャムが出来上がりました。





ルバーブ400gで大小2つの瓶が丁度いっぱいになりました。瓶が冷めたら出来上がり。
毎日食べているヨーグルトに乗せたり、アイスクリームに乗せたり、このジャムを使ってタルトを作ったりしても美味しそう♪

またまた食べる楽しみが増えてしまいましたが、実は私、ダイエットを始めたんだった!!
最近じわりじわりと体重が増加し、ジーンズがどれもこれもキツいのです。。。
そこで土曜日から、ジョギング歴約2ヶ月のオットにくっついて、私も走ることに!
あっという間にバテた私は、休み休み約2キロを走っただけでくったくた。。。
おまけに今日は筋肉痛で、情けない思いをしています。
毎日ムリに続けようと思わずに、1日置きくらいのペースで体を慣らして、最終的には
5キロくらいを気持ちよく走れるようになりたいと思います!
のんびり3キロ痩せたいなぁ。がんばろうっと。

お菓子はなるべく控えるようにするつもりだけど・・・たまにはいいよね!?
ルバーブは繊維たっぷりでおなかにも良さそうだし(な~んて早速言い訳。。。)。
[PR]
by yohko_greenleaf | 2006-06-25 21:34 | L Baking

食べ納め

ここ最近、飽きずに食べ続けていたシュパーゲルもそろそろお終いの時期が近づいてきました。
何でも、シュパーゲルの出荷の時期は、政府によってコントロールされていると
聞きましたが本当なのかな?
明日になったら、一斉に市場から姿を消しているかも・・・と思いつつ、今年最後のつもりで
今日もお買い上げ~。

d0003363_6471495.jpg

シュパーゲルの酢味噌和えです。
お気に入りの御寿司屋さんで毎年登場するメニューなのです。
カウンターで夫婦一人一皿ずつ、シュパーゲルを食べていたところ、大将が
「家で酢味噌を作る時は、ちょっとバターを入れると美味しいよ」と、お店秘伝の味を
惜しげもなく伝授してくださいましたので、真似っこしてみました。
念のために配合の覚書は以下の通り。
<酢味噌 2~3人前>
・白味噌 大さじ2
・酢    大さじ2
・砂糖  大さじ1強
・酒    小さじ1~2
・バター 小さじ2

材料を全て小鍋に入れて火にかけ、フツフツとして来たらしばらくゴムベラでかき混ぜるだけ。
お味噌を焦がさないように注意してくださいね。
尚、日本の上白糖でないお砂糖を使う時は、もう少し砂糖大目の方がいいかと思います。
(ただし、入れすぎでも砂糖のツンツンした感じが出てしまうと思うので様子を見てくださいね)
シュパーゲルは茹でる時にもバターを入れますので、酢味噌にもバターが入っていると
味の馴染み具合が全然違うんだそうです。
他にもいんげんやブロッコリーにも合いそうなお味です。
嬉しいことにこの酢味噌、一度火を通すので、かなり日持ちがするんだそうです。
ある程度まとめて作っておくと、「あと一品何か欲しいなぁ」っていう時に役立ちそうです!

昔は酢味噌ってあまり好きではなくて、母親が「ぬた」を作る時でも、
私は普通のお刺身でいただいていたもんです。
年とともに味の好みって変わるものなのですね~。
[PR]
by yohko_greenleaf | 2006-06-22 06:57 | L Cooking

緑の方もヨロシク

ここ最近は3日とあけず、シュパーゲル、シュパーゲルが続いております。
シュパーゲルは直訳すると「アスパラガス」なのですが、この場合は
"ホワイト"アスパラガスのことを意味します。
日本で言うところの"普通の"アスパラガスには"Gruüner(緑の)"という形容詞が付くわけです。
もともとは白いのも緑のも、まったくおんなじものなんですよ。
白い方は、日光に当てないように、伸びてきた部分に丹念に土をかぶせて育てます。
言うなれば、もやしとかえのきのような感じでしょうか。
一方"グリーン"アスパラガスは、日の光をいっぱい受けて、元気にスクスクそだったのに、
白に押されて脇役に専念と言った感じ。
ここ最近は本当に天気が悪くて、雨粒を見ない日がないと言ってもいいくらいなので、
ある意味、グリーンアスパラの方が貴重だったりするかもしれません。
まあ、そんなわけでちょっと変わったグリーンアスパラのお料理です。

d0003363_22131186.jpg
アスパラの炊き込みご飯を作ってみました。
川津幸子さんのレシピ本に載っていて、前から作ってみたかったのです。
お酒、みりん、薄口醤油を入れてから水を加減して、ザクザクと刻んだアスパラと
油揚げを乗せて普通に炊くだけです。
アスパラにはかなり火が通るので、残念ながらシャッキリ感はなくなってしまって、もっちりとした食感です。
グリーンピースが近いかな!?
でも、アスパラの香りがとっても濃厚で、美味しくいただきました。

それにしても、日本のレシピ本を見ていてたまに思うことが一つ。
「アスパラ一束」、「プチトマト1パック」、「しいたけ1袋」「マッシュルーム1パック」・・・・、
一体どれくらいの量なんだ!?と。。。
恥ずかしながら、日本で主婦業をしたことがない私にはいまいちピンと来ないんです。
ましてや、こちらのアスパラは一束500gだし、マッシュルームも「どうすりゃいいの?」
っていうくらい、ビッグなパックです(なのにとってもお安い!)。
アスパラも、手を変え品を変えては食卓に並べていますがそろそろネタ切れだわぁ~(嘆)。
[PR]
by yohko_greenleaf | 2006-05-26 22:21 | L Cooking


HN:はっぱ。 カナダとドイツで10年暮らし、2010年2月に日本に戻ってきました!


by yohko_greenleaf

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

★handcrafts
∟ Crochet
∟ Knit
∟ Cross stitch
∟ P*S*P
∟ Schwalm
∟ Others
∟ Beads
★daily life
★kitchen
L Baking
L Cooking
L Tools
★travel
★books
★piano
★kids

以前の記事

2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 05月
2010年 09月
more...

フォロー中のブログ

メキシコ・ライフ【初級編...
ボノボノ毎日
mikatianの水彩ス...
ドイツでTea Time
Momoちゃんの海外生活
ドイツ発つれづれ日記
blog von you...
Diario de Marco
palmierの楽しい日々♪
スウェーデンからの生活便り
Valleyのnatsu...
ももとぶどうの樹
bequem
ドイツ暮らし

Favorites & Links

最新のトラックバック

MOLESKINE
from エッフェル塔マニアの「それが..
こんな食べ方がGOOD
from B級グルメが好き!
思い届かず、、、
from Diario de Marco
100万hit 次世代情..
from 100万hit 次世代情報検..
百人一首
from 気ままに百人一首

ライフログ


モチーフ・エジング200―やさしいかぎ針編


かぎ針モチーフ―編み方からつなぎ方まで


レース編み華麗なドイリー―Crochet lace


優美なレース編み


レース編―レース編基礎のキソブック

タグ

(54)
(44)
(43)
(38)
(34)
(30)
(24)
(19)
(17)
(16)
(16)
(13)
(11)
(8)
(8)
(7)
(5)
(5)
(4)
(3)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧