タグ:おいしいもの ( 43 ) タグの人気記事

そりゃないよ、お母さん・・・

実は私、お恥ずかしながら母とは毎日メールのやりとりをしています。
書くのはたわいもない日常のことばかり。
母からも、どこどこのスーパーでお刺身が安かった、だの、近所の誰だれさんが、
じゃがいもを持ってきてくれた、だの、些細な日々の出来事がギッシリと。
離れていても、お互いの生活ぶりは手に取るようにわかっています。
これもインターネットのおかげですね~。
かえって、メールがない日は「具合が悪くなったんじゃないか!?」と心配してしまうくらい。
まったく、お互い親離れ&子離れできてなくて、いかんなぁと思うんですけどね・・・。

昨日届いた母からのメール、こんなことが書いてありました。
「ここからは一つお願い。
兵庫と京都の県境に行列が出来るほど美味しいアイスクリーム屋さんがあるそうです。
・・・(中略)、テレビで紹介されているのを見ていたら食べたくなっちゃったので、
○○(私の名前)インターネットで探して注文してくれない?」
とあるではないですか~~。

なぬーー!!と思わず一人で大声あげてしまいましたです、私。
だってね、私アイスクリームって大好物なんですよー。
冬場でも、こたつに入って「寒い寒い」って言いながらアイスを食べるんです。
独身の頃も、仕事帰りにちょっとお高めのアイスクリームをお土産に買って帰りもしました。
3度の食事よりもアイス好きと言っても言い過ぎではないくらい(ちょっと言いすぎか!?)
本当に大好物なんですよー。

それをインターネットで見るだけ見て、注文するだけして、
なのに私の口に入らないだなんて、そりゃ拷問ですってお母さん!!
まったくぅ・・・とこの時ばかりはメラメラっと燃えるものを感じましたです。
そう、食べ物の恨みは恐ろしいのですぞ!
母は「いいじゃない、あなたはイタリアに行って本場のジェラート食べれば・・・」なんて
気安く言ってくれますが、それとこれとは別問題!
イタリアから、送料700円で、クール便で送ってくれるジェラート屋さんが、
一体全体どこにあると言うのです!?
そんな私の胸のうちを知ってか知らずか、
「ここの牧場の牛には毎日クラシックを聴かせてリラックスさせてるんだって。
牛の顔つきも違って見えたよ」
とは、何とも能天気すぎやしませんか!?!?

ちなみに、そのお店「あいす工房らいらっく」さん、というお店です。
テレビで紹介されたら、注文が殺到してしまって、今注文しても年内には届かないらしいんです。
ふふん、これは娘を軽んじたバツが当たったな、しめしめ、と思っていたところ、
なんと、オットのおじいちゃん家からそう遠くないことが判明!
年末お墓参りに帰った時は、母より一足先に味見しちゃうんだもんね~。
そう、食べ物の恨みは恐ろしいのです!!
[PR]
by yohko_greenleaf | 2006-10-17 22:22 | ★daily life

フェダーヴァイサー

d0003363_16482771.jpg

ドイツに来て、4度目の秋を迎えました。
最近はヨーロッパでもハロウィンが浸透して来ているようで、あちこちで
ランタンも見かけます。
そして、雑貨屋さんでは早くもクリスマスのオーナメントなどが店頭に並び始め、
秋と冬とが混在した風景です。もう年の瀬も近いってことですね。意味もなくあせるなぁ。。。

さて、ドイツの秋と言えば以前から一度は試してみたかったのが
フェダーヴァイサーと言われる飲み物です。
d0003363_16504616.jpg
秋の短い時期だけ出回るこの飲み物。発酵途中のワインなんです。
たまたまお買い物に行ったオーガニックのお店で、美味しそうなのを売っていたので、試しに買って見ました。良く見ると、ボトルの中で小さな泡がプシュプシュと沸いています。なので、ボトルにはコルクがされないままで売られています。
ボトルも秋らしくてシックな彩り。1リットルで2.95ユーロです。

買ってから何日か置くと、アルコールの風味が増すらしいのですが、そんなこと知らない私達は、早速初のフェダーヴァッサーで乾杯♪
お味の方はと言うと、ぶどう味と言うよりはりんご味。そのまんまジュースです!!
酸味もなく、まろやかで幾らでも飲めちゃう美味しさ。
フェダーヴァイサーのお供には、ドイツのツヴィーベルクーヘン(玉ねぎのケーキ、キルシュキッシュ・・・キルシュはさくらんぼでないの!!、みたいな感じです)が定番中の定番。
でも我が家のオット君はドイツ料理にあまり興味がないので、いつものご飯にフェダーヴァイサーという、なんとも不思議な食卓が出来上がりました。
ドイツは白ワインで有名なのですが、フェダーヴァイサーの赤ワイン版もあるらしいので、
今度は赤も試してみたいなぁ。

d0003363_1722556.jpg

そして食後のデザートにはマカロンを♪
オットがウィーンからお土産に買ってきてくれたので、少々端っこがかけちゃってますが
これがとーーっても美味しい!!
今まで食べたマカロンの中で一番美味しい、と思いました。
マカロンは味より見た目で楽しむもの、という今までの概念を覆されましたよ。
色んなお味の中でも特に美味しかったのは、ヘーゼルナッツとチョコレート。
あぁ、でもピスタチオやラズベリーも美味しかったな~。
ふんわり&さくっと&ちょっともっちり、のバランスが絶妙なんです!
クリームもまろやかでコーヒーのお供に最高です。
在ウィーン歴の長い方から教えてもらったお店だそうで、オットはモンブランも食べて来たそうな。
いやぁ、食欲の秋を思いっきり満喫中でございます・・・。
[PR]
by yohko_greenleaf | 2006-10-11 17:08 | ★daily life

シュパーゲル

シュパーゲル(白アスパラ)の季節がやってきましたね~!!
d0003363_15285444.jpg
今年発見した新たな食べ方はこちら。
固めに蒸したシュパーゲルに、ソースをかけてオーブンで焼きます。
ソースはマヨネーズ、半熟卵、パセリのみじん切り、粉チーズを適当に混ぜ合わせただけ。
マヨネーズに香ばしい色がついてきたら出来上がりです。
一度蒸したものをオーブンで焼いたら、火が通り過ぎてしまうかなぁと少々心配しながら作ったんですが、シャキっと感は残ったままで、ほのかにほくほくするような感じとでも言いましょうか!?余分な水分が飛んだ感じでとっても美味しかったです♪

去年までは茹でていたシュパーゲル、今年からは"蒸す"ようにしました。
本当はシュパーゲル専用の蒸し鍋で、立てたまま蒸すのが一番。
でも、一年のうちこの時期しか使わない鍋、増してや日本に帰ってからはきっと
出番がないであろう鍋を買うのもなぁ・・・ということで、普通の蒸し器を使っています。
今年からは蒸すお湯のなかにはお砂糖も入れていませんが、新鮮なシュパーゲルは、
砂糖を加えなくてもエグみがないので、全く問題ないどころか、シュパーゲル自体の
甘みが際立ってとっても美味しいです。

今年は出来ればホランデーソースの作り方もマスターしたいです。
先日出来合いのホランデーソースを買ったら、バター臭くてマズいの何の!
程よく濃厚で、でもくどくないホランデーソースの作り方、
どなたかご存知でしたらご享受ください♪
[PR]
by yohko_greenleaf | 2006-05-16 15:36 | L Cooking

ビバ!ホームベーカリー

日本からホームベーカリーを持って帰ってきました!
最近フランクフルトの空港では、手荷物検査が厳しくなったと聞いていたので、
もしかしたら係員に止められて、税金を払わされるかもしれない・・・と
半ば覚悟して帰って来たのですが、係員なんて誰も立ってなくて素通り状態。
少々拍子抜けしてしまったほど。

そして、そのホームベーカリーを使って、せっせとパンを焼いています。
もとい!"焼いてもらって"います。
私が買ったのはナショナル製、うどんやパスタも作れるタイプです。
まずは手慣らしに、ソフトタイプの食パンにトライ!
・・・とは言っても、材料を全て投入してスイッチを入れるだけ。
寝る前にセットしておくと、朝にはパンが焼けているという優れもの♪
d0003363_15424933.jpg
うひょひょ~。出来立ては柔らかすぎてパンが切れないほど。
キッチンの中がパンの香りで満たされている幸せよ・・・。
これはまさに、日本の食パン!フワフワ&モチモチです!!




d0003363_1545265.jpg

折角なので、ジャムも作ってみました。
日本で見かけた、いがらしろみさんのレシピから、イチゴとバナナのジャムを。
ろみさんのレシピはフルーツの80%のお砂糖を加えていましたが、
私は少しだけ減らしてみました。つやっつやの美味しいジャムが出来上がりました~。
朝から幸せ♪


d0003363_15481846.jpg
パンは一晩置いても、しっとり柔らかいままでとっても嬉しいです。
2日目のパンはフレンチトーストにしていただきます。
私は、パンを半分に切ってポケット状にしたところへ、とろけるチーズを
挟むのがお気に入りです。
バターがたっぷりなので、食べすぎ注意!

確かに、機械がこんなに美味しいパンを作ってくれるんだったら
もう手捏ねなんて、しなくなっちゃうかもしれないな・・・。
これからサンドイッチのレパートリーも増やして行きたいし、
手打ちパスタを作るんだったらパスタマシーンも欲しくなるかも。
キッチンが色んな器械で溢れかえっちゃう~~。

世間は今日からイースター休暇なので、みなさんあちこちへお出かけされる
ようなのですが、我がオットは通常営業で、今日もパンを食べて
会社へ出かけていきました。
ひっそ~り静かな家の中で、私はチクチクと針仕事の予定です。
いいもん、いいんだもん・・・。
[PR]
by yohko_greenleaf | 2006-04-14 15:52 | L Tools

お雛様の日の食卓

♪今日は楽しいひな祭り~~♪
のはずですが、朝からしんしんと雪が降り続き、めっちゃめちゃ積もりました。
この冬一番の雪ではないでしょうか。
やっぱり3月だからと言って油断はできません、ドイツの冬!!

折角お雛様なので、少しは気分を盛り上げようと思い、散らし寿司なぞ作ってみました。
d0003363_717548.jpg

色々と足りない食材があったので、あるものだけで作りました。
なんで、ちょっと色合いが良くないんですけどね。。。
私は「これでもか!」っていうくらいの紅生姜を乗せるのがお気に入りなのですが、
こっちで売ってる紅生姜は人口着色料が真っ赤っか・・・の中国産なので、
とりあえず使用は控えてみました、笑。
代わりに緑の絹さやでも。。。と思ったのですが、何せ外はもんのすごい雪で
お買い物に行く気が起こらなかったのです。。。(と言い訳ばかり)
でも乾燥物のごぼうやら、日本から調達しておいたあさりの水煮などを加えたら
かなり母の味に近いものが出来たので、なかなか満足しております。

あとは茶碗蒸しに、カジキマグロの唐揚げカレー風味。
茶碗蒸しはまだまだ満足いく出来にはならないので、今度じっくり母に教わる予定です。

今夜は珍しくワインを開けました。
オーストリア産のオーガニックワインです。9.8ユーロでした。
かなり辛口で舌先にピリッと来る感じ。一瞬炭酸弱めのスパークリングワインかと思ったほどです。
でも後味がスッキリしていてとっても飲みやすかったです!

d0003363_7252065.jpg
こんなお手玉みたいなお雛様も飾ってありました。
早速明日には片付けないといけませんね~。
[PR]
by yohko_greenleaf | 2006-03-04 07:28 | L Cooking

温泉卵

あ~、本格的に寒い毎日が来てしまいました。
こうなると、どこへ出かけるのも何をするのも億劫になります。。。
しかし、美味しいご飯を食べるためには頑張れる食い意地の塊の私!
というわけで、美味しい卵を求めて、郊外までちょっとドライブです。

普段、街中で売っている卵は生or半熟では食べないようにしています。
サルモネラ菌が心配だから、食べない方がいいんだとか・・・。
あまり神経質になるのもどうかと思いつつ、調理をするときでも、常に卵は水洗いしてから使うようにしています。

そんな中でも「生で食べられる新鮮卵!」と評判のお店が郊外にあるのです。
農家の直売所みたいな感じなのですが、もちろんお野菜はオーガニックだし、
牛乳やチーズもとっても美味しい。
そして、この辺では珍しい「骨なしの鶏腿肉」も売っています。
(この辺では鶏腿肉というと骨付きなので、いつもはキッチンバサミを使って、自分で骨を取り除くのですが、この作業がエラく面倒なんです。。。)

そして、この新鮮卵を使って食べたかったのがこちらです↓。ジャーン!!

d0003363_21325094.jpg
私もオットも大好物の温泉卵ちゃん
親しみを込めて、ちゃん付けで呼んでしまおう!!
温泉卵って、実はとっても簡単に作れるんですね~、知りませんでした、恥。
室温に戻しておいた卵を耐熱性のボールなどにいれ、熱湯を注いだら蓋をして30分待つだけ!
やっぱり、ここの卵は黄身の色が違うんですよね~。
* 黄身の色がわかるように、卵を崩してから写真を撮ってみました。
  決して殻を割るのに失敗したわけではございませぬ。

そして、極めつけは以前の日記でもご紹介した鎌田の出し醤油。
温泉卵ちゃんと絶妙のコンビネーションでした。
これだけでご飯一膳イケちゃうくらいです。美味しゅうございました♪
[PR]
by yohko_greenleaf | 2005-11-20 21:40 | L Cooking

寒い夜の一人ご飯

昨日は午前11時の気温が何と8℃。
いよいよ冬の到来でしょうか。
日本で最高気温が8℃というと、ほぼ真冬並みではないでしょうか。
でも、まだダウンのコートは着てないし、ジーンズの下にタイツも履いていません。
「そろそろ手袋した方がいいかなぁ~」なんて呑気に思っているくらいなので、
私も大陸の寒さに少しは慣れて来たのかも知れません。

さて、冷蔵庫の中に元気の無い大根を発見。
とりあえず、あるものだけで即席ポトフを作ってみました。

d0003363_19343715.jpg
うーん、人参もセロリも入っていないので、ちょっと(いえかなり)寂しい彩り。。。
この細長いソーセージが”フランクフルターソーセージ”です。
普通”フランクフルト”って聞くと、夜店で串に刺されて売られているような太目のソーセージを想像すると思いますが、本当はこんなに細いんですよ~。
焼いて食べるには美味しいけど、煮込んだらどうなるかなと思いつつ、恐る恐る投入してみました。ソーセージのお出汁がとってもいい味を出しました。
パクっとヒビが入ったのがいい感じ~と一人で満足する私。

作り方はいたって簡単。
大根、玉ねぎを大きめのぶつ切りにして、チキンスープ、黒胡椒3,4粒、ブーケガルニと一緒に煮込むだけ。弱火で1時間半ほど煮込んだら、玉ねぎがとろけてなくなってしまいました。

普段オットがいない時は、ほっとんどお料理をしないので、「私もやれば出来るじゃないの!!」と自分で自分を褒めながら、美味しくいただいたのでした。
[PR]
by yohko_greenleaf | 2005-11-12 19:43 | L Cooking

洋梨のジャム

最近、市場には美味しそうなきのこや秋のフルーツがたくさん売られています。
洋梨が新鮮で美味しそうだったので、ジャムにすることにしました。

d0003363_23493977.jpg
今回はイタリア産の洋梨、800g使用。お値段はピッタリ2ユーロ(約270円)でした。
皮を剥いて、適当な大きさにザクザク切って、お砂糖を加えます。今回はお砂糖は少なめに、梨の総量の約20%=160gを投入。レモン汁を加えて火にかけたら、ヘラで洋梨を適度につぶしながら弱めの中火で20分ほど煮たらあっという間に出来上がり。

d0003363_2358425.jpg
逆さにして冷めれば完成です。

トロットロで甘さ控えめの美味しいジャムが出来上がりました。ヨーグルトに混ぜて食べたら美味しかったです。パウンドケーキに混ぜ込んだりしてもおいしそうだし、これは使い勝手が良さそうです。皆さんも是非お試しを!!


明日から、オットをおいてちょっと遊びに行って来ます。
日本から連休を利用して、4泊6日の強行日程で知人が旅行に来ており、現地集合の旅をご一緒することになっています。
今は明日の夕ご飯に大量のカレーを仕込み中。
今回は珍しくオットがカレー作りを手伝ってくれたので、明日の夜は美味しさをかみ締めながら一人ご飯していただきましょう。
[PR]
by yohko_greenleaf | 2005-09-25 00:02 | L Baking

第2回 海南チキン研究会

前回の研究会立ち上げからだいぶ時間があいてしまいましたが、ようやく第2回の研究会開催となりました。

今回の配合
・鶏腿肉(上部のみ)6切れ 約600g
・水                1リットル
・ねぎ&にんにく&しょうが  たっぷり
・中華スープの素       

鶏腿肉にしっかりと塩をすりこんで、強めの中火弱火で約20分。茹で上がったらすぐに氷水に取って冷まし、水気をよーく拭き取ったら皮の表面にごま油少々を塗っておく。

タレは今回はオリジナルに近づけるための塩味を研究。
鶏肉の茹で汁に塩とごま油としょうがのすりおろし&ねぎをたっぷり!
たれの分量をきちっと割り出すのが次回の研究会の課題となりました。

d0003363_1412526.jpg
そして出来上がったのがこちらです。
本当は骨付きの大きな鶏腿肉を茹でて、出来たところを中華の出刃包丁でガツンガツンとたたくと、もっと本格的に見えるんだけどなぁ。これだとちょいとダイナミックさに欠けますなぁ。

でも、お味のほうはかなり進歩いたしました。茹でる時の水の量を減らしたおかげで、濃厚なスープが取れ、チキンライスも香りが増したし、塩ダレもかなりお気に入りの味に近くなったし。
大満足の出来上がりです。

今度はレシピを公開できるように、分量の割り出し、頑張ります♪
[PR]
by yohko_greenleaf | 2005-09-01 01:47 | L Cooking

今日のおやつ

夏日再来です!!
あのまま秋が来ていたら、本当に消化不良の夏で終わってしまうところでした。
やっぱり夏は暑くないと!!

・・・ということで、今日は夕方オット&お友達が空港へ行く前に我が家に立ち寄ることになっていたので、簡単な「ひんやりスイーツ」を用意。
写真はありませんが、カルピスのシャーベットです。
濃い目に作ったカルピスを製氷皿で凍らせて、フードプロセッサーにかけるだけ!
フードプロセッサーのモーター熱で、氷がいい感じに溶けて、滑らかなジェラートのような感じに仕上がります。
濃厚な味が好みの方は、牛乳カルピスを凍らせると良いと思います。
フルーツと混ぜても美味しいかも!

カルピスの原液はこちらでも売っていますが、買うと高いです!
オットがゴルフの景品でgetしなければ、きっと我が家にはお目見えしなかったことでしょう。。。
そして、こちらではカルピスのことをなぜか「カルピコ」って言うんですよね。
ドイツ語に発音の似た言葉で、意味の良くない単語でもあるんでしょうか?
ちなみにヤクルトも売っていますが、ヤクルトはヤクルトのまま。
ヤクルトも5本パックで軽く400円以上はするから、高級品なんですよ。
[PR]
by yohko_greenleaf | 2005-07-29 04:29 | L Cooking


HN:はっぱ。 カナダとドイツで10年暮らし、2010年2月に日本に戻ってきました!


by yohko_greenleaf

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

★handcrafts
∟ Crochet
∟ Knit
∟ Cross stitch
∟ P*S*P
∟ Schwalm
∟ Others
∟ Beads
★daily life
★kitchen
L Baking
L Cooking
L Tools
★travel
★books
★piano
★kids

以前の記事

2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 05月
2010年 09月
more...

フォロー中のブログ

メキシコ・ライフ【初級編...
ボノボノ毎日
mikatianの水彩ス...
ドイツでTea Time
Momoちゃんの海外生活
ドイツ発つれづれ日記
blog von you...
Diario de Marco
palmierの楽しい日々♪
スウェーデンからの生活便り
Valleyのnatsu...
ももとぶどうの樹
bequem
ドイツ暮らし

Favorites & Links

最新のトラックバック

MOLESKINE
from エッフェル塔マニアの「それが..
こんな食べ方がGOOD
from B級グルメが好き!
思い届かず、、、
from Diario de Marco
100万hit 次世代情..
from 100万hit 次世代情報検..
百人一首
from 気ままに百人一首

ライフログ


モチーフ・エジング200―やさしいかぎ針編


かぎ針モチーフ―編み方からつなぎ方まで


レース編み華麗なドイリー―Crochet lace


優美なレース編み


レース編―レース編基礎のキソブック

タグ

(54)
(44)
(43)
(38)
(34)
(30)
(24)
(19)
(17)
(16)
(16)
(13)
(11)
(8)
(8)
(7)
(5)
(5)
(4)
(3)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧