<   2006年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧

10月の本

はぁ、もう10月も終わりで今日はハロウィンなんですね~、一ヶ月ってホントにあっと言う間。
冬時間が始まって、一日が終わるのもあっと言う間になって来つつある今日この頃。
以前にも増して、有効な時間の使い方が大きな課題です・・・。

さて、今月読んだ本は以下の3冊。
ここ最近、月に3冊が定着しつつあるみたいです。
d0003363_16401184.jpg
「名もなき毒」
著者:宮部みゆき
出版:幻冬舎
シリーズ前作とも言うべき「誰か」は、読んでいてイマイチ入り込めなかったので、こちらはどうかなぁとあまり期待せず、それでも買ってしまった一冊です。連続無差別毒殺事件の犯人は誰なのか、主人公の同僚、原田いずみの執拗な嫌がらせは何のため?「模倣犯」や「蒲生邸~」のようなドキドキはないけど、せつな~い感じが残ります。読んだ後にズシーンと来ます。一気に読んでしまった一冊です。


d0003363_1651418.jpg

「風の男白洲次郎」
著者:青柳恵介
出版:新潮文庫
先月読んだ「占領を背負った男」よりも、友人とのエピソードだったり、彼の言葉だったりが多く詰まっていて、彼の人となりをより知るのには面白い一冊となりました。
筋が通っていて、自分の言葉で意見を述べる、と言うのは簡単なことのようで、実は実行できている人はなかなかいないんだな、とこの本を読むと痛感させられます。

d0003363_1781159.jpg

「オリガ・モリソヴナの反語法」
著者:米原万里
出版:集英社文庫
こちらは、読書好きの友人に薦めてもらって読んだ一冊です。
主人公は、10代をプラハのソビエト学校で過ごした日本人女性。かつてそこで舞踊を教えていたオリガ・モリソヴナの人生の謎を追っていくと、ロシアの粛清や収容所での生活、同級生の生い立ちなどが明らかになっていきます。半分はミステリー、半分は歴史小説といった感じで、米原万里さんの淡々とした、でも生気に満ちた文章でどんどんストーリーに引き込まれて行きました。
自分では、多分手に取る事のなかった本だと思うので、紹介してくれた友達には感謝です!
米原さん、若くして亡くなってしまったんですよね・・・。存命だったら、色んな作品を書かれただろうに、と思うと悔やまれます。

最近はTVを見る時間が増えてしまって、読書がペースダウン中。
来月は三浦綾子の「ガラシャ夫人」が届くことになっているので、楽しみにしているところです。
三浦綾子さんの本を始めて読んだのは中学校1年生の時です。
当時私が通っていた塾は少し変わっていて、毎週、通称「あらすじ」という宿題を提出していました。
塾から配られる本を30ページ読み、そのあらすじをまとめて提出すると言うもの。
そうすると、授業中に先生の奥様(個人経営の小さな塾だったので)が生徒のあらすじをチェックして、漢字や文章を訂正して返してくれるんです。
そこで始めて読んだ「氷点」は、今までに何度も繰り返し読んで来ましたし、赤川次郎もここで知りました。
受験勉強の中でも、読書の習慣を無くさずにここまで来られたのは、このあらすじの宿題の功績も大だったなぁと、はるか昔のことを懐かしく思い出しました。
[PR]
by yohko_greenleaf | 2006-10-31 17:09 | ★books

お買い上げ~♪

この2ヵ月半ほど、オットの頭の半分くらいを占拠していたのは、とある悩み事。
「時計、何買おう~~~~!!」でした。
もともと、あまり時計をはめる人ではなかったんです。
ところが、夏の旅行でトルコに寄った際に、"Genuine fake"と銘打って売られていた
バッタもんのRolexに一目ぼれしてしまったんですねぇ。
"バッタもん"と一口に言っても、値段はピンきりです。オットが欲しいと思ったタイプの
こちらの時計は、贋物でも300ユーロ。
それだったら、本物を買ったほうがいいよね~と言うことになって、その場を去ったのです。
が、家に帰って調べてみるとビックリ!このモデルはデッドストックで、プレミアがつき、
価格は120万円にも跳ね上がってしまっているものだったのです。。。
さすがに、120万の時計は、ちょっとねぇ・・・。分不相応じゃぁないですか。
ところが、火がついてしまった時計熱は消えることはなく、寝ても覚めても時計のことばかり
考える日々が続きました。
私も何度、時計屋さんに付き合わされたことでしょう。
時計屋さんで実際時計をはめてみると、ネットで見た時には「いい!」と思っていたものが
実はあまり似合わなかったり、と言うことも多々ありまして・・・。

そして先週の金曜日。決して買うつもりで出かけたのではなかったのですが、
ちょっと行ってみよう、と出かけたのがドイツ製時計Sinnの本社です。
d0003363_2059362.jpg

家から車でほんの数分走ったところに、本社があります。こんな小さな建物で、中はまるで町役場、みたいな雰囲気。中には直営のショップがあって、実際手にとって時計を見ることが出来るんです。オットはここに来るのは3度目、私も2度目です・・・。


そして、結局買っちゃいました!!
d0003363_20584363.jpg

結局当初欲しかったのは白いフェイスだったのに、黒フェイス。
でも、存在感はありつつシンプルな、なかなか渋い時計ではないでしょうか~。
悩んだ甲斐があるってものです。
折角ドイツに住んでいるので、先々記念になると言う意味も含めて、なかなか
良いお買い物をしたと思います。大事に使っていただきましょう。

今日からヨーロッパは冬時間になりましたので、嬉々として時計の時間を調節し、
ゴルフに出かけて行きましたとさ。
それにしても、この2ヶ月ほど、私もさんざん時計の「あぁでもない、こうでもない」を聞かされ続けました!
これでやっと、解放されます~、ふぅ・・・。
[PR]
by yohko_greenleaf | 2006-10-29 21:03 | ★daily life

P*S*P 経過報告Vol.6~ちょっと休憩します

さて、のんびりペースが続いていたPerminのサンプラー、
ようやく半分出来上がりました~~!!

d0003363_23554039.jpg

過去の日記を振り返ってみますと、スタートしたのが2月の半ばでしたから、
もう8ヶ月以上もかかっていることになってしまいます、うぅ・・・。
当初は何としてでも今年中に完成させたい!と意気込んでいたのですが、そろそろ
クリスマスものの準備にも取り掛からなくてはなりません。
クローゼットの奥の方から、刺しかけのサンタさんが「早く出しておくれ~~」と
悲痛な叫び声を上げているような錯覚ならぬ幻聴が・・・。
と言うわけで、Perminさんはここで一旦お休みをいただこうかと思います。
サンタさんが無事完成したら、出来ればもう一つクリスマスものを刺し、その後
Perminさんに戻って来たいと思っていますので、P*S*Pメンバーの皆様、
勝手をしますが、ご了承ください♪

d0003363_00432.jpg

さて、こちらは帰宅途中に目に留まった木。
てっぺんから赤のグラデーションがとても美しかったので、思わずパチリ。
ここ数日、夜になると雨が降ったり、風がピューピュー吹き荒れたりしたものの、
日中は10月末とは思えないくらいの暖かい毎日が続いています。
木々の葉っぱも、まだまだこうして踏みとどまってくれています!
この秋の陽気が一日でも長く続くように祈るばかりです・・・。
[PR]
by yohko_greenleaf | 2006-10-26 00:03 | ∟ P*S*P

○○○ベスト

9月から始めたニットの基礎講座。
随分長いことかかってしまいましたが、ようやく第一回の作品が完成しました。
d0003363_19125166.jpg
編地はこんな感じ。今年は私の中ではこげ茶色がブームみたいで、毛糸屋さんで散々悩んだ挙句、このような色合わせになりました。一見、込入った編みこみ模様のように見えますが、実はボーダーを編んで、縦の糸は後からステッチしているので、編み方じたいはそれほど難しいものではありませんでした。
でも、単純だからこそ目立ってしまうのが編地のバラつき。これから先生の下へ作品を送って、添削→返送していただくのですが、どんなコメントがいただけるのかドキドキです・・・。
反省点は山ほどあるので、覚悟は出来てるんですけどね~。

実はこのベスト・・・
[PR]
by yohko_greenleaf | 2006-10-24 19:22 | ∟ Knit

お誕生日とチーズケーキ

先週の土曜日、私の三十ウン回目のお誕生日でした。
・・・と言っても、我が家ではお誕生日プレゼントの交換なんていうことは、
結婚以来一度もしたことがないんですね~。
あっさりした夫婦です、と言うより思い起こしてみると、この時期はどうやら私が一人で
日本へ一時帰国していることが多いんです。
日本でお買い物たっくさんしたから、改めてプレゼントなんていらないわ~という感じ。
2人でバースデイをお祝いするのも結構久々だったのかも。。。

とか言いながら、土曜日はオットは日本からのお客様と外食だったので、
前倒しで金曜日にお祝いのディナーへ出かけてきました。

d0003363_15435263.jpg
向かった先は、とある日本食レストラン。
2人で過ごすお誕生日も7回目となると、レストランの予約だって自分でしちゃうんだな・・・。
お店が暗かったのでお料理の写真はこれ1枚ですが、イベリコ豚のしゃぶしゃぶサラダ、胡麻だれとおろしぽん酢のどちらもさっぱりしていて美味しかった。他にも出汁巻き卵とか、鯛のあら煮とか、お酒が進むメニューが豊富だったのは◎!お店の雰囲気も落ち着いていて、食器なんかにもこだわっているようでした。ただし・・・、おうどん一杯出てくるのに15分もかかるってのはどんなもんでしょうねぇ?満席って言うほどでも無かったんですが。。。

そして、昨日の日曜日、オットはこれまた今シーズン残り僅かなゴルフへとお出かけ。
残された私はお誕生日のチーズケーキを焼くことにしました。
いつも作るチーズケーキは、材料を全部いっぺんに混ぜて型に流し込むだけの超簡単な
レシピなのですが、今回は少しだけ手をかけて、卵白を別であわ立てて加え、湯煎焼きにするものにチャレンジ!
d0003363_1552133.jpg
包丁やナイフを入れると"シュワシュワ~"っと音がするような、しっとりタイプの軽いチーズケーキが出来ました~!千葉県某市にある「ボヌール」っていうケーキ屋さんのチーズケーキもこんな感じだったなぁと懐かしくなるお味。今度は、もう少しお砂糖を減らして、仕上げにアプリコットジャムを塗れば、カンペキだなと、一人悦に入っておりました♪

年のことだけ考えると、もうお誕生日を喜ぶ年ではないのですが、年は取り続けなくてはいけないので、
健康であることに感謝して、年相応の女性になれるように、これからも前向きにいこう!と思った次第です。
そのためにはまずは早起きくらいしなくちゃいけないんですが、8時でもまだ真っ暗なので、
なかなか起きるのが辛い毎日ですね~・・・。
[PR]
by yohko_greenleaf | 2006-10-23 15:58 | L Baking

お家でPizza

9月の中旬に始まったばかりのドイツ語学校、早くも今週来週は秋休み!
そして今週は珍しく、オットも出張がなく家におりましたので、毎日せっせと「おさんどん」
していました。
もう夏時間の終了間際になりましたので、夜が明けるのが本当に遅くて、そのせいなのか
最近ちっとも早起きが出来ません・・・。
ボーっとした頭のまま、ノロノロと動き出すとあっと言う間にお昼の時間になっちゃって、
オットを送ってから買い物に行ったりすると、あれよあれよと言う間に一日が終わります。
まったく、時間の使い方の下手なことったらないです、反省。。。
そんなわけで、ブログの更新もちょいと怠けてしまいました。

さて、今日は朝から力仕事。ピザ生地を作りました。
最近粉ものなんて、ホームベーカリーでパンを焼くくらいしかしていないので、
手捏ねで生地を作るのはホント~に久しぶり。
ピザ生地は発酵が一回だけなので、捏ねてしまえばあとはラクチン♪
スイッチオンしたTVの上に生地を置いておくと、程よい温かさであっと言う間に生地が膨らみます。

そして、できたピザがこちら!
d0003363_21491386.jpg

うーーむ、なんとも不恰好な代物が出来上がってしまいました・・・。
生地を均等に薄く&丸く伸ばすのって難しい。。。
ピザ屋のお兄さんみたいに、こまを回すようにクルクルっと宙に投げたりしてみたいものです。
トマトソースもお手製で、モッツァレラチーズとバジルを乗せ、上からオリーブオイルを
たらして焼けば出来上がりです。
私の理想はもうちょっと薄いクリスピー生地なんだけど、初めてにしてはなかなかの出来!
手をかけた分、美味しいランチにありつけました~。

生地はたくさん作って冷凍してあるので、次回はもっと見目麗しい真ん丸ピザを作りたいなぁ。
[PR]
by yohko_greenleaf | 2006-10-20 21:54 | L Cooking

そりゃないよ、お母さん・・・

実は私、お恥ずかしながら母とは毎日メールのやりとりをしています。
書くのはたわいもない日常のことばかり。
母からも、どこどこのスーパーでお刺身が安かった、だの、近所の誰だれさんが、
じゃがいもを持ってきてくれた、だの、些細な日々の出来事がギッシリと。
離れていても、お互いの生活ぶりは手に取るようにわかっています。
これもインターネットのおかげですね~。
かえって、メールがない日は「具合が悪くなったんじゃないか!?」と心配してしまうくらい。
まったく、お互い親離れ&子離れできてなくて、いかんなぁと思うんですけどね・・・。

昨日届いた母からのメール、こんなことが書いてありました。
「ここからは一つお願い。
兵庫と京都の県境に行列が出来るほど美味しいアイスクリーム屋さんがあるそうです。
・・・(中略)、テレビで紹介されているのを見ていたら食べたくなっちゃったので、
○○(私の名前)インターネットで探して注文してくれない?」
とあるではないですか~~。

なぬーー!!と思わず一人で大声あげてしまいましたです、私。
だってね、私アイスクリームって大好物なんですよー。
冬場でも、こたつに入って「寒い寒い」って言いながらアイスを食べるんです。
独身の頃も、仕事帰りにちょっとお高めのアイスクリームをお土産に買って帰りもしました。
3度の食事よりもアイス好きと言っても言い過ぎではないくらい(ちょっと言いすぎか!?)
本当に大好物なんですよー。

それをインターネットで見るだけ見て、注文するだけして、
なのに私の口に入らないだなんて、そりゃ拷問ですってお母さん!!
まったくぅ・・・とこの時ばかりはメラメラっと燃えるものを感じましたです。
そう、食べ物の恨みは恐ろしいのですぞ!
母は「いいじゃない、あなたはイタリアに行って本場のジェラート食べれば・・・」なんて
気安く言ってくれますが、それとこれとは別問題!
イタリアから、送料700円で、クール便で送ってくれるジェラート屋さんが、
一体全体どこにあると言うのです!?
そんな私の胸のうちを知ってか知らずか、
「ここの牧場の牛には毎日クラシックを聴かせてリラックスさせてるんだって。
牛の顔つきも違って見えたよ」
とは、何とも能天気すぎやしませんか!?!?

ちなみに、そのお店「あいす工房らいらっく」さん、というお店です。
テレビで紹介されたら、注文が殺到してしまって、今注文しても年内には届かないらしいんです。
ふふん、これは娘を軽んじたバツが当たったな、しめしめ、と思っていたところ、
なんと、オットのおじいちゃん家からそう遠くないことが判明!
年末お墓参りに帰った時は、母より一足先に味見しちゃうんだもんね~。
そう、食べ物の恨みは恐ろしいのです!!
[PR]
by yohko_greenleaf | 2006-10-17 22:22 | ★daily life

針仕事展

昨日は午前中にお買い物や用事を全部済ませ、午後からちょこっとお出かけです。
行き先は、ここから車で1時間ほど走ったところにあるMichelstadt(ミッヒェルシュタット)。
手芸の先生から、この町で刺繍の市があると聞いたので、どうしても見てみたいと思い、
手仕事には全く興味の無いオットに運転を頼んで、行って来ました。

d0003363_183519100.jpg

Michelstadtは、この辺では割と古い建物が残っているようでした。
木組みのお家に窓辺のお花が、いかにもドイツ!と言った雰囲気をかもしだしてます。
昔はアフリカなどとの交易によって、象牙の取引きでとっても栄えた町なんだそうです。
今でも象牙のアクセサリー屋さんが軒をつらねていました。

さてさて、私達は早速Sticheleien(針仕事という意味の今回のイベントの名前です)を見るべく、
共通入場券を購入して、建物の中へ。
このイベントは、70以上ものテナントが出展していて、街中の市庁舎や教会、図書館と言った
公共の施設を会場に使っています。
小さな小さな町なので、地図なんてなくてもフラフラっとあるいて行くとイベントの看板が目に入って来ます。
d0003363_18433576.jpg

会場では、ニードルワークに関するありとあらゆるものが売られていて心躍る私!
中でも多かったのがボタンやリボンを売るお店や、パッチワークのお店。
材料や作品を買い求める人たちで、狭い売り場はギューギューです。。。

d0003363_18471719.jpg

私が習っているシュヴァルム刺繍のブースも発見しました!!
小さな小さなドイリーが35ユーロもするんですね~。
少しずつ手をかけて完成させた作品ですからね!
写真には取れなかったのですが、シュヴァルム刺繍で出来たランプシェードが
とっても可愛かったです。
他には機織やテディーベアのドールハウスなども。
確かにドイツではベアを手作りする日本人の方が多いのです。

d0003363_18511222.jpg

クロスステッチはそれほど盛んではないのか、あまり数は多くありませんでしたが、
ステッチャーさんのblogで見かける作品もちらほらと。
リネンのバンドなんかは色々売られていましたが、チャートは少なめ。
ボビンのお道具を売っているお店も結構ありました。

会場内は、どこもおば様方のグループで熱気ムンムン。
皆さん、熱心に色々質問されていました。
たまにご夫婦で来られている人もいらっしゃいましたが、漏れなく男性陣は退屈そうで、
会場内のソファーにどっかと腰を下ろして、ボーーっとしてました、笑。

そして、唯一の私の戦利品はこちら!
d0003363_18544423.jpg
昔の待ち針入れ!これだけです・・・。
だって、ボタンもリボンも可愛いものはたくさんあったんですけど、種類が多すぎて、
何が欲しいのか、と言うより、「これ買って、何作るんだろ!?」って思ってしまったら
何も買えなくなってしまいましたぁ~~。

ドイツでは手仕事は衰退の一途をたどっているらしく(刺繍の先生談)、何をするにも道具や材料を揃えるのが一苦労です。
でも、このイベントを見る限り、まだまだ針仕事が好きな人がいっぱいいるんだな~と嬉しくなりました。
今回は毛糸関連のブースがほとんどなかったので、今度は編み物市なんていうのもやって欲しいなぁ~。
雰囲気ある町でののどかなイベントにすっかり満足しつつ、やはり恋しくなるのはユザワヤ!
って言うのが正直なところかな。
でも来年もぜひぜひ足を運びたいと思います!
[PR]
by yohko_greenleaf | 2006-10-15 19:02 | ★handcrafts

体の芯からポッカポカ

週末、旅行中の知り合いがわざわざたずねて来てくれました。


d0003363_17455130.jpg彼女からお土産にいただいたのが→こちら。
何だかわかります??
実はこれ、ゲルマニウム温泉石なんです。
日本に帰るたびに、あちこちで聞くゲルマニウム。一度試してみたいなぁと思っていたものの、まさか自宅にいながらにしてゲルマニウム体験できるとは!と言うわけで早速試してみました。
洗濯ネットのような袋の中に、ゲルマニウム石やら、マイナスイオンを出す石、ミネラル成分たっぷりの石などが5種類入っています。

バスタブにお湯を張る時に、このネットごと石も入れておきます。
そして湯船に15分くらい浸かった頃から顔も全身も温まってきました。
我が家のお風呂は、もちろん日本と違って追い炊きが出来ないのですが、お湯が冷めてくるのがちっとも気にならないんですね。そして額には玉のような汗汗!!
お風呂から上がった後も、ポカポカが長持ちして、手足の先まで芯から温まったような感覚がとっても気持ちよいです。これ、オススメ!!
そして、何より嬉しかったのがお湯の当たりがとーーっても柔らかくなること!
ドイツへ来てから、水が硬いせいで、お風呂に入っても肌がカサカサ。
ちょっと手入れを怠ると、あれよあれよと言う間に体が粉を吹いたようになるのが、すごくイヤだったんです。
でも、このゲルマニウム温泉石を使い始めてから、手足がスベスベするんですよー。
我が家は夫婦して毎晩必ずお風呂にお湯を張っているので(ドイツ人からすると、なんとも贅沢なお水の使い方で、怒られてしまいそうですが・・・)、これからはこの石が手放せなくなりそう。
効果には個人差があると思いますが、欧州在住で「もうちょっと水が軟らかければなぁ」と思っていらっしゃる方は一度試す価値があるかも!

そしてこの石、一週間に一度袋ごと天日干しすれば、ずーっと使えるというのもありがたい。
これから寒くなるので、ますますお風呂タイムが充実しそうです。
Kちゃん、温かいお心遣いをどうもありがとうございました♪
[PR]
by yohko_greenleaf | 2006-10-12 17:59 | ★daily life

フェダーヴァイサー

d0003363_16482771.jpg

ドイツに来て、4度目の秋を迎えました。
最近はヨーロッパでもハロウィンが浸透して来ているようで、あちこちで
ランタンも見かけます。
そして、雑貨屋さんでは早くもクリスマスのオーナメントなどが店頭に並び始め、
秋と冬とが混在した風景です。もう年の瀬も近いってことですね。意味もなくあせるなぁ。。。

さて、ドイツの秋と言えば以前から一度は試してみたかったのが
フェダーヴァイサーと言われる飲み物です。
d0003363_16504616.jpg
秋の短い時期だけ出回るこの飲み物。発酵途中のワインなんです。
たまたまお買い物に行ったオーガニックのお店で、美味しそうなのを売っていたので、試しに買って見ました。良く見ると、ボトルの中で小さな泡がプシュプシュと沸いています。なので、ボトルにはコルクがされないままで売られています。
ボトルも秋らしくてシックな彩り。1リットルで2.95ユーロです。

買ってから何日か置くと、アルコールの風味が増すらしいのですが、そんなこと知らない私達は、早速初のフェダーヴァッサーで乾杯♪
お味の方はと言うと、ぶどう味と言うよりはりんご味。そのまんまジュースです!!
酸味もなく、まろやかで幾らでも飲めちゃう美味しさ。
フェダーヴァイサーのお供には、ドイツのツヴィーベルクーヘン(玉ねぎのケーキ、キルシュキッシュ・・・キルシュはさくらんぼでないの!!、みたいな感じです)が定番中の定番。
でも我が家のオット君はドイツ料理にあまり興味がないので、いつものご飯にフェダーヴァイサーという、なんとも不思議な食卓が出来上がりました。
ドイツは白ワインで有名なのですが、フェダーヴァイサーの赤ワイン版もあるらしいので、
今度は赤も試してみたいなぁ。

d0003363_1722556.jpg

そして食後のデザートにはマカロンを♪
オットがウィーンからお土産に買ってきてくれたので、少々端っこがかけちゃってますが
これがとーーっても美味しい!!
今まで食べたマカロンの中で一番美味しい、と思いました。
マカロンは味より見た目で楽しむもの、という今までの概念を覆されましたよ。
色んなお味の中でも特に美味しかったのは、ヘーゼルナッツとチョコレート。
あぁ、でもピスタチオやラズベリーも美味しかったな~。
ふんわり&さくっと&ちょっともっちり、のバランスが絶妙なんです!
クリームもまろやかでコーヒーのお供に最高です。
在ウィーン歴の長い方から教えてもらったお店だそうで、オットはモンブランも食べて来たそうな。
いやぁ、食欲の秋を思いっきり満喫中でございます・・・。
[PR]
by yohko_greenleaf | 2006-10-11 17:08 | ★daily life


HN:はっぱ。 カナダとドイツで10年暮らし、2010年2月に日本に戻ってきました!


by yohko_greenleaf

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

★handcrafts
∟ Crochet
∟ Knit
∟ Cross stitch
∟ P*S*P
∟ Schwalm
∟ Others
∟ Beads
★daily life
★kitchen
L Baking
L Cooking
L Tools
★travel
★books
★piano
★kids

以前の記事

2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 05月
2010年 09月
more...

フォロー中のブログ

メキシコ・ライフ【初級編...
ボノボノ毎日
mikatianの水彩ス...
ドイツでTea Time
Momoちゃんの海外生活
ドイツ発つれづれ日記
blog von you...
Diario de Marco
palmierの楽しい日々♪
スウェーデンからの生活便り
Valleyのnatsu...
ももとぶどうの樹
bequem
ドイツ暮らし

Favorites & Links

最新のトラックバック

MOLESKINE
from エッフェル塔マニアの「それが..
こんな食べ方がGOOD
from B級グルメが好き!
思い届かず、、、
from Diario de Marco
100万hit 次世代情..
from 100万hit 次世代情報検..
百人一首
from 気ままに百人一首

ライフログ


モチーフ・エジング200―やさしいかぎ針編


かぎ針モチーフ―編み方からつなぎ方まで


レース編み華麗なドイリー―Crochet lace


優美なレース編み


レース編―レース編基礎のキソブック

タグ

(54)
(44)
(43)
(38)
(34)
(30)
(24)
(19)
(17)
(16)
(16)
(13)
(11)
(8)
(8)
(7)
(5)
(5)
(4)
(3)

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧